脳読、古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長ブログ

月別アーカイブ

電話脳透視鑑定

院長ブログ

2018年06月01日

六月(水無月・みなつき)夏至 夏の大祓

私たちは平素生活を営むうちに知らず知らずの間に罪穢を受けています。その罪穢を祓うための儀式が大祓で、6月30日と12月31日に行われます。
大祓は、古事記日本書紀にみえる伊邪那岐命の禊祓が起源とされ、その後受け継がれ、たびたび国家的儀式としても行われており、平安時代の延喜式には四時祭(毎年決まって行われる国家的祭事)として恒例のお祭りになりました。
6月30日に行われる大祓は夏越大祓、水無月大祓ともいい、多くの神社の社頭には茅の輪が設けられ茅の輪くぐりが行われます。
茅の輪は「備後国風土記」に記された蘇民将来の説話に「小さい茅の輪を腰に付けて疫病よけとした」とあり、もともとは疫病よけのお守りとして、腰につけたり首にさげたりしていたのが、起源であるようです。
茅の輪をくぐる時には「みな月の夏越の祓する人はちとせの命のぶといふなり」という歌を唱えると言われています。(参照:神道青年全国協議会)

院長コメント

年二回最も罪穢れが積み重なり、人間のエネルギー値が落ちる時期。各地で大祓いが行われています。
この神道の国、日本。昔から伝わるものを行い、皆さんがより良くなるなら使ってみて試さない手はないと思います。よくなれば何でもOKじゃないでしょうか。結果が出るものを集めて良くなればOK。
このような行事、まつり事は、対症療法ではく予防療法だとおもいます。

2018年05月28日

腰痛

本日「こちらに来させていただいてもう10年なんですよ^^」といわれた。「仕事の時の腰痛は気にならないですね」とクライアント様からお声がけ「一番最初の苦楽園院からですね〜」

院長コメント

今年の7月で10年^^何人もいらっしゃいますけど、わざわざお声がけいただいたことは、とても嬉しかったです。今は半年に一度お会いするだけなんですけどね。何よりのごちそうですね。ありがとうございます。

2018年05月13日

TOKIOの山口達也くん

普段はとても良い人。酒を飲むと人が変わる。病院にも入院していた。最終的に周りの皆さんに多大なる迷惑をかけてしまった。

院長コメント

私も大好きな芸能人です。とても残念です。冷静に考えると、意識ではどうにもならない。無意識、本能の領域。
このようなことで困っていらっしゃる方は多いと思います。
私の施術でお手伝いできるかも・・・

2018年05月01日

「ブレない自分を作る」6/24開催 第一回 古神道行法 受付開始!!

太古の日本では当たり前にやっていたであろう魂を鎮める鎮魂行。日本人は人としての基本を知らない。基本に戻り、日本人のポテンシャルを引き出す日本人独自のリセット法!!

「イライラする。喜怒哀楽が激しい。豹変しそうになる。お酒を飲むと人が変わる。孤独感を感じる。核がない。寂しい 自分がわからない」など
潜在能力・超越能力を上げ、ブレない自分を作る。立ち位置、空気が読めるようになる クオリティーを上げる。運気を高める。己を知る。魂を磨きなど全てが自然に起きてくる。
我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清める。
年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても必要です。
魂磨きは回を重ね、経験を積む事に大きな意味が生まれます。
人としての全ての源、日本人が何者かを知る古神道秘伝 古神道行法を是非体感してください。

定員先着順10名 定員になりましたら締め切りさせていただきます。

【参加資格】「瓜生 朝久」で検索してくだい。
私のクライアント様、クライアント様の知人・友人、facebookの友達、もしくはfacebook友達からのご紹介者様、それ以外の方はお問い合わせください。
<内容>
午前中10:00〜12:00  古神道行法の修法の解説  神拝作法 祝詞奏上の所作 火打ち石の作法 印の組み方  その他 
お昼休憩  12:00〜13:00
午後 13:00〜16:30 ■古神道行法

****************************************************************************
<受講料>  
 30.000円初回は会登録費を含みます。(2回目からは20.000円)
<会場>芦屋市
<お問い合わせ>
【HPお問い合わせ】やfacebookにて直接お問い合わせください。

院長コメント

クライアント様よりリクエストが多かったプログラムついに始動いたします。

神ながらの道は命の道、楽しく自然で弥栄の道です。
皆様と共に楽しく進めて参ります。

2018年04月24日

神様ツアー

クライアント様が主催する「神託ツアー」第一弾

院長コメント

ご紹介しま〜す🤗
私もお手伝いいたします。この企画をした時点で人気沸騰しているみたいなので、お早目のご予約してください。先着順定員20名です。✨https://www.facebook.com/events/231096477633180/

2018年04月13日

五月(皐月・さつき)5月5日こどもの日/端午の節句

5月5日のこどもの日は、端午の節句ともいわれ、平安時代に中国から日本に伝わり、しだいに民間に広がってゆきました。我が国では5月は田植えを控えた時期であり、従事する早乙女たちが心身を清めるため家の中にこもり、田の神さまをお迎えする「さつき忌み」が行われており、我が国古来のさつき忌みと中国伝来の端午の節句がしだいに習合していったと考えられています。
端午の節句には菖蒲やヨモギを軒に吊るしたり、柏餅やちまきを食べたりしましたが、武家社会では、菖蒲(しょうぶ)が尚武(武士道を重んじること)と同音なので、雛祭りに対比して男の子の祭りと考えられるようになり、江戸時代以降男子のいる家庭では、鯉のぼりをたて、甲冑、刀、武者人形を飾って、子供の成長を祝う行事となっていきました。明治時代になると一般の家庭でも武家と同じようにお祝いされるようになりました。
また、この日に菖蒲湯に入るのは、菖蒲が昔から薬草であり、邪気を祓い火災を除く力があると信じられていたことによります。
(参照:神道青年全国協議会/年中行事と神社)

院長コメント

一般に菖蒲を勝負ことが強くなりますようにという縁起担ぎの風習もあるようです。

2018年04月13日

昭和の日

昭和天皇がお生まれになられた日で、昭和の御代には「天皇誕生日」という陛下の御誕生をお祝いする国民の祝日

院長コメント

公に天皇の誕生日が休日になる国なのですね。

2018年04月05日

古神道(こしんとう)とは

日本において様々な宗教が入ってくる以前に存在していたとされる日本独自の思想である。
別名/純神道、原始神道、神祇信仰ともいう。つまり、いつから存在したかもはっきりわかっていないもともと日本に存在していた思想であり大道である。

院長コメント

コンピューター、機械化、A Iなどが進んでいる昨今ですが、人は、昔も今も同じ人、特に人間関係は変わらないと思います。このような凄い日本独自の伝が昔から伝えられてきたのですね。日本が人の起源と言っても過言ではないので、原点に戻るだけです。何も外から学ぶ必要などないのです。今現在も効力があるのですから、皆様が認識し、使わない手はないですね。

2018年04月05日

神棚マイスター

皆様にとってより良く、エネルギーがあう神様や神棚をお伝えいたします。

院長コメント

「本当はその神様じゃないのになぁ」と思うことはよくあります。そこで神棚改めを始めました。依頼者様に合う神様をお伝えし、その神様をお祀りすると、よく聞いていただけると思います。逆に依頼者様に合わない神様をお祀りしていても効き目がないことが多いです。人にも合う合わないがあるように、神様も同様です。また、人も時が過ぎること、また家族の成長とともに環境も変わりお願いすることも変わって来ます。いつも同じではないのです。また、本当に氏神神社、崇敬神社など間違いないのかもお調べいたします。ご自身に合う神様をお祀りすると、凄くエネルギー値が変わって来ます。この機会に見直してみてはいかがですか。

2018年04月01日

四月(卯月・うつき)

春祭り【はるまつり】
厳しい冬が終わり、さまざまな生命の芽吹く春には、多くの神社では春祭りが執り行われます。これは、その年の農耕の始まりを神様にお告げして、神様の御加護のもと、無事に実りの秋を迎える事ができるようにお願いする、大切なお祭りなのです。
また、春は日本人にとって一年の始まりでもありました。いまでも、多くの学校や職場などでは春4月が一年の始まりとなっています。春祭りは、私たちの人生の大きな節目でもある春を祝い、一年の無事を祈るお祭りでもあるのです。
また我が国では、一年の農耕を始めるにあたり、春のある日に山に登り、花を摘み山の神、田の神さまを迎えて祭る風習がありました。現在でもこの季節にお花見が盛大に行われるのは、この風習の名残です。
(参照:神道青年全国協議会/年中行事と神社)

フィールカイロブティック ページトップへ