電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長ブログ

月別アーカイブ

電話脳透視鑑定

院長ブログ

当院の患者様の診察内容を一部紹介。当院では病院では診断されにくい症状を治療します。

2015年04月21日

摂食障害(過食・拒食)

摂食障害・背中のかゆみ・花粉症・両肩外転制限・邪念で2/18に来院。
施術回数6回目背中のかゆみ・花粉症・邪念は改善。
摂食障害は普段の生活では症状は出なくお酒を飲むと症状がでるに変化。
お酒を飲む機会が多いということでお酒の種類をアドバイスしました。

院長コメント

この患者様もそうなんですが、脳が正常に動いていないので体を調節できず症状は1つだけではなく複数あります。花粉症をお持ちでしたので当然アレルギー体質です。
摂食障害をターゲットにしているわけではないのです。脳の正常になることでいろいろ他の問題も改善されていきます。今回はキーワードはお酒が入ると調節ができなくなるです。次回これで安定すると思います。

2015年04月15日

花粉症

アレルギーは脳の誤動作です。脳が正しく機能していないので間違った支持を体に出すことによる症状です。

院長コメント

花粉症の症状については個々に考えます。目のかゆみ・鼻水・鼻づまり・くしゃみという感じです。この時期は、当然持病のようにお持ちの症状と重複いたします。例えば、ドライアイの方は目のかゆみがひどいとか、蓄膿を持っておられる方は鼻水・鼻づまりがひどいといったように。ですのですっきりというのは難しいです。時間がかります。
基本的にはアレルギーですので、脳の誤動作ととらえます。
簡単に言うと花粉が身体に入るときに、脳が毒・体に害があるものだと勘違いをお越し慌て体の入り口である部署でくしゃみ、鼻水、涙目というような花粉に対しての抵抗し、体の外に追い出そうとする行為です。脳に花粉は体に害はないという風に正しく理解させなけば症状は治まらないということになります。
薬で抑えるということが一般的ですが、抑えきれなくなったときに大変な状態になります。
アトピー性皮膚炎もその1種ですね。お薬を嫌がる患者様の多数は、出来れば治癒力で治したい。」という相談が多いです。
脳クリーニング療法で脳が誤動作をなくし情報を誤解しないようになると、体は安心し安定して順応をいたしますので症状が出にくくなります。
現に実は私も花粉症でした。かれこれ25年位前で流行し始めたころでした。内服、注射、点眼、点鼻で乗り越えてきましたが、現在は市販の目薬、点鼻薬を携帯していますが、シーズン中2.3日ひどい時に使用するくらいです。それくらいで治まる感じで「かなり良くなった。」と患者様は本日も言っておられました。症状を治すのではなく、脳を正常にするだけです。脳が自身の身体をよい状態に保っていくのです。

2015年04月06日

夜泣き(生後3か月〜) 1歳1か月 女の子 ご家族様よりご紹介

H27/2/7に初めて来院されました。ご相談内容は生後3か月からの夜泣き、常に泣いていることが多い。2/28に2回目施術でかなり落ち着きましたと言っておられました。

院長コメント

お子様の場合ご両親の身体を代替えて施術いたします。
小さなお子様〜最年長は92歳まで施術しておりますので安心してご相談ください。

2015年04月04日

6.7年前に階段から転落その後左腕の麻痺 51歳男性 子家族様よりご紹介

来院されたときは左腕全体は動いていました。ですが、左腕は右腕に比べて2/3くらいの太さしかなく力も2/3くらいしか出ないようでした。当時はいくつもの大学病院で検査したようでしたが、詳しくはわかりませんが、医師より「この腕はもう動かない」と言われたようです。その後、6か月くらいしてから少し動くようになったようです。

院長コメント

左腕を右腕と同じように動くかとういご依頼です。患者様はほとんど今一番気になる事を改善したい。原因を知りどれくらい施術回数がかかるのを知りたい。と思って来院されますが、同じケースは少なく十人十色だと思ってください。
カウンセリングをすると、2年前に肝炎で入院。熱中症に何度かなった。高血圧、花粉症、腰痛というような既往歴があります。人によって症状の歴史が違うので実際カウンセリングし検査しないとわからないことがほとんどです。
このケースは時間がかかりました。約10回施術しました。少しずつ左腕も見た目も筋量もほとんどわからなくなり、仕事をしていても気にならないと言っておられました。

フィールカイロブティック ページトップへ