電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長ブログ

月別アーカイブ

電話脳透視鑑定

院長ブログ

当院の患者様の診察内容を一部紹介。当院では病院では診断されにくい症状を治療します。

2016年01月29日

トラウマ 情緒不安定 自己否定

その内容を思い出すと体に様々な反応が出ます。それに連鎖して情緒不安定になり、あの時こうしていたらよかったなど自己否定をし自分を責めるようにしておられました。日常生活のふとした隙間に起こりいても立っても居られない状態だということです。

院長コメント

トラウマ 情緒不安定 自己否定は全てトラウマによる連鎖反応で起きています。
患者様にとってかなりショックが大きかったことによるものです。
分析するとその内容は記憶の種類が大切で、その内容は思い出すと頭の中で動画なのか静止画像なのかです。PCや携帯でもそうなんですが、動画を記憶するのと静止画を記憶るするのとではメモリの容量に影響が出ます。動画のほうが断然容量が必要で容量が一杯になると動作が遅くなります。その状態と同じで脳の容量にどれだけ影響しているかです。

この患者様は全4回でと考えており、2回目でトラウマでの体への反応が消えました。と同時に情緒不安定と自己否定も消えました。

動画なのか静止画なので参考にして頂ければよいと思います。

2016年01月19日

咳 27歳男性 

空咳が止まらない。のどに違和感。

院長コメント

歌をされているので咳や喉の違和感は困ります。大切なのはまず熱が出ているかどうかです。熱はご存じだと思いますが、ウイルスや菌などの外から体への侵入者に対して反応し戦う時に発熱するものです。発熱がなければそれ以外の問題となります。今回の場合は患者様にとって悪いものを吐き出そうとする正常な行動により咳をします。それを取り除かない限り良くなりません。
咳ぜん息といわれ何か月かかかることが多いようですがフィールでは全4回でと考えます。

2016年01月18日

脳機能のしくみ 顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)

当然のことながら脳機能は身体を常に良い状態に保ち自分の顕在意識のいうことを聞くようにできています。例えば、顕在意識により体に指示をだし目的地に行きたいと思えば足を使って移動します。無意識(潜在意識)に体が動きます。例えば、睡眠時は意識が基本的にはありません。その時息をし心臓も動きというように意識とは別に体を良い状態で保ち守ります。今自動にコントロールしています。起きているときも、呼吸をし瞬きなどはオートメーションに行われています。この指示を出しているのが無意識(潜在意識)です。
つまり体をほとんど支配しているのは潜在意識です。潜在意識と顕在意識の力配分は9:1と言われています。
例えば、意識によって息をとめても3分もすればその指示を解除し命を守ります。
簡単言えばこういうことです。

院長コメント

つまり、体の症状の改善を図る時に潜在意識(無意識)の領域を診ないと良くならないということになります。
例えばアレルギー。昔食べれていたのに最近貝を食べると痒くなる。これば無意識で症状が出ます。
全てをお伝えできなののでおいおいお伝えしたいと思っております。

2016年01月17日

脳クリーニング療法  脳機能について

今までの臨床経験の中で裏付けておりますが、昔から言われてきている有名な言葉があります。「自分の事は自分が一番良く知っている。」です。
まさにその通りだと思います。

院長コメント

ご自身の脳が全てを知っています。ご自身の脳から情報を引き出せばよいのです。
脳機能の着目をしていくにあたり、脳からの反応を捉える事が出来るようになりました。検査すると脳が何が自分にとって+なのか−なのかを自身の意思や理屈では関係なく捉えています。
例えば、仕事にストレスだと感じておらる方を検査すると、仕事にストレスとは出なかったりします。それば患者様がそれしかないと思い込んでいるだけで、検査ではほかの問題と出ることが多いのです。
人間が思い込みをしヒューマンエラーを引き起こします。
私欲、邪念を捨て無心により検査にあたると+/−が捉える事が出来ます。
簡単に言えば患者様の−だけ取り除き+だけ残せば状態は良くなります。それに尽きるのです。
是非 体感してみてください。

追伸:4月1日より料金改正になりますので、ご興味のある方はそれまでに騙されたと思って現在の料金でお試しいただければと存じます。


2016年01月06日

あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良い年になりますように全力でサポートして参ります。
今年は、患者様の症例紹介もなのですが、脳の機能がどれだけ素晴らしくすごいものなのかをご紹介してまいりたいと思います。
フィールのコンセプトは、患者様やご紹介により全国から来られている方の為にも考えられるあらゆる手を使って回数を少なくより早く良くなるよう「一人でも多くの方に笑顔を」です。

院長コメント

どうぞよろしくお願いいたします。

フィールカイロブティック ページトップへ