電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長ブログ

月別アーカイブ

電話脳透視鑑定

院長ブログ

当院の患者様の診察内容を一部紹介。当院では病院では診断されにくい症状を治療します。

2016年05月07日

39歳女性:リウマチと診断(右手の変形や可動域の減少と痛み)/不安/子供が出来ない/ご家族の問題

よくわからない不安が常にある。
右手に力が入らない。右手の進行性変形や可動域が減少し動作時の痛みが伴う。
流産。子供が欲しいが出来ない。
ご家族の方それぞれに不思議なくらい問題が次々と起こる。

院長コメント

まず患者様の評価をしお伝えしております。10段階で正常な状態を10といたします。
この患者様の場合、構造に問題はありません。全体の機能5/10、脳機能1/10、潜在能力(本能)0/10でした。数字でお伝えすることにより実感される方がほとんどです。皆様こんなはずではないと思われていると思います。
つまり脳機能は正しく動いていない(接触不良のような状態)でした。脳が正しく動いていないということは自身の体をコントロール出来ないということになるので体は思うようには動かないです。ですので体をチェックし痛んでいる所への治癒さすアプローチがしないということで治しません。
家族や対人関係の問題は、まず自身がプラスのエネルギーなのかマイナスのエネルギー(負のエネルギー)かを確認し、マイナスであればプラスの方との相性は合わない。逆にマイナスの方が寄ってきますので負のことしがおきないということになります。
この患者様の施術回数は4回です。今は管理ケアで半年に1回、やりたいことが増えたと言っていらっしゃいます。

フィールカイロブティック ページトップへ