古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長ブログ

月別アーカイブ

電話脳透視鑑定

院長ブログ

2018年03月21日

春分の日

年に2回、昼と夜の時間が同じになる日を、春は春分の日、秋は秋分の日と呼んでいます。この日を中日に前後3日の間をお彼岸と呼びます。お彼岸は仏教の行事と思われがちですが、もともとは我が国の伝統的な祖先を敬い大切にする信仰に由来しており、お墓にお参りするなどして、御先祖をお祭りします。
(参照:神道全国青年会議/年中行事と神社より)

院長コメント

神道は神事ばかり、仏教や密教、その他の宗教などは仏様やご先祖様と思われがちですが、もちろん神道も当たり前にしっかりご先祖様を敬いお祭りいたします。

2018年03月01日

三月(弥生・やよい)桃の節句

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数ある。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていたとする記録がある。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられている。初めは儀式ではなく遊びであり、雛祭りが「ひなあそび」とも呼ばれるのはそのためである。一方、平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

院長コメント

古代中国では「上巳(じょうし)の節句」古代日本では「桃の節句」とも言います。桃は神仙思想や神道では、神聖な植物とされています。古事記の中にも出てきます。是非読んでみてください。
基本的には、厄除、祓いの儀式ですね。これもうれしく楽しく続けていけるようにできていますが、神道は祓いに始まり祓いに終わります。
神道でも人形を使います。例えば神社様では、夏至・冬至の季節に大祓の行事を行っています。これは人形に名前を書いて皆様の穢れを移し焼いて祓うものです。言わば身代わりですね。
陰陽師では人形は式神のように使ったりします。
人形と言いますが、言い換えればひとがたなので色々なものが宿りやすいのです。
お雛様も年に一度は出してお祀りしてくださいね。

フィールカイロブティック ページトップへ