古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長紹介

電話脳透視鑑定

院長ごあいさつ

こんにちは。院長の 瓜生 朝久です。
フィールカイロブティックも今年で15年目になりました。
カイロプラクティックの専門院として始まり、カイロプラクティック国際基準を取得、その後治療家として数々のテクニックや様々な療法を習得。 カイロプラクティックは魔法の手だと思い一生懸命依頼者様にありったけの技術を提供してまいりました。



当然良くなる人がいる反面、それでも良くならない人も出ているのも現実にありました。 全て人間の理屈でわかるわけではないと思っている部分もあります。 だからと言って諦めることではなく、可能性を探求・追及していくことが大切だと思っております。
今まで依頼者様の身体を診てきましたが、よく考えると身体を正常に戻すのに身体を診ていてダメだと気づいた瞬間でした。「 脳だ。」脳が身体のコントロールをし、問題が出れば思考し指示を出す。 脳にダメージがありミスコントロールをしているなら正常に動いていない。 脳機能低下を見つけだし正常に戻すことが肝心だと思いました。 もちろん脳のストレス治療も身に付けました。脳を研究して行くうちに、見えない問題が脳機能低下していることにもわかりました。 「自分のことは自分が一番よく知っている」という言葉もあるように、全てご自身の脳がわかっているのです。スーパーコンピューターでありブラックボックスである “脳に聞けばよい”それで様々な情報を拾い上げることが出来るようになりました。

現在、依頼者様を診る時に、原因を探すにあたり持っている数々の引出を使います。 潜在能力を最大限引き出す脳を再起動しクリーンアップ施術を確立。 ご自身の感性を養うことのできる、どこにもない脳を診る施術を確立。
また、古くから伝わる古神道を習得。 その古神道のスピリッツに基づき秘伝の技術を使い、人が本来持っている隠れた力までも絞り出せるように、楽しく栄える様に導いていくことが役割だと思い日々奮闘しております。

古神道は、隠れている 奇魂(くしみたま)、いわゆる不思議な力を引き出します。不思議な力は潜在意識と超越意識を使いよりよく、本来自身が持っている脳力を最大限引き出すことが出来ます。
「よくなれば何でもOK」不思議でも何でもよいです。是非体感していただけたら良いと思います。




霊障、原因不明の体調不良や様々なアレルギー・鬱やメンタル問題・自身の周りで起きている不自然なこと。 仕事 学校/幼稚園(人や場所の問題)土地 家 家相(方位) 時期 他人 家族 血族 地相 墓 霊道などの影響による、よくわからないが、不運続きや体調不良といった。 結果の出にくい問題に対して、専門施術を行い皆様のあらゆる問題に、より確かな結果でお応えしています。

 
私がもっている全ての力(技能と能力と情熱)を振り絞り考えられるあらゆる手段を使って皆様の笑顔のお役に立てればと日々努力しております。


依頼者様、おひとりおひとりと真剣に向き合って、常に今出来る私の最大限の集大成の施術をお届けいたします。どうかご自身と向き合う時間と、希望と覚悟をもってお越しください。

院長 瓜生朝久

認定・所属学会など

  • 古神道 healer (霊体施術)
  • 古神道天地産霊之会:代表 主宰
  • 大東流合気柔術 大東流玄修會門人
  • 古神道 言霊修道指導士
  • 古神道 音霊祓師
  • 古神道 数霊占術導師
  • 古神道 禁厭道術師
  • 神棚マイスター
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)認定オフィス
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)正会員
  • 国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)学士コース(CSC)修了
  • WHO 基準カイロプラクティック理学士ディプロマ
    (Bachelor of Chiropractic science(BCSc)Diploma)

院長の診察ブログ

2018年04月13日

五月(皐月・さつき)5月5日こどもの日/端午の節句

5月5日のこどもの日は、端午の節句ともいわれ、平安時代に中国から日本に伝わり、しだいに民間に広がってゆきました。我が国では5月は田植えを控えた時期であり、従事する早乙女たちが心身を清めるため家の中にこもり、田の神さまをお迎えする「さつき忌み」が行われており、我が国古来のさつき忌みと中国伝来の端午の節句がしだいに習合していったと考えられています。
端午の節句には菖蒲やヨモギを軒に吊るしたり、柏餅やちまきを食べたりしましたが、武家社会では、菖蒲(しょうぶ)が尚武(武士道を重んじること)と同音なので、雛祭りに対比して男の子の祭りと考えられるようになり、江戸時代以降男子のいる家庭では、鯉のぼりをたて、甲冑、刀、武者人形を飾って、子供の成長を祝う行事となっていきました。明治時代になると一般の家庭でも武家と同じようにお祝いされるようになりました。
また、この日に菖蒲湯に入るのは、菖蒲が昔から薬草であり、邪気を祓い火災を除く力があると信じられていたことによります。
(参照:神道青年全国協議会/年中行事と神社)

院長コメント

一般に菖蒲を勝負ことが強くなりますようにという縁起担ぎの風習もあるようです。

2018年04月13日

昭和の日

昭和天皇がお生まれになられた日で、昭和の御代には「天皇誕生日」という陛下の御誕生をお祝いする国民の祝日

院長コメント

公に天皇の誕生日が休日になる国なのですね。

2018年04月05日

古神道(こしんとう)とは

日本において様々な宗教が入ってくる以前に存在していたとされる日本独自の思想である。
別名/純神道、原始神道、神祇信仰ともいう。つまり、いつから存在したかもはっきりわかっていないもともと日本に存在していた思想であり大道である。

院長コメント

コンピューター、機械化、A Iなどが進んでいる昨今ですが、人は、昔も今も同じ人、特に人間関係は変わらないと思います。このような凄い日本独自の伝が昔から伝えられてきたのですね。日本が人の起源と言っても過言ではないので、原点に戻るだけです。何も外から学ぶ必要などないのです。今現在も効力があるのですから、皆様が認識し、使わない手はないですね。

2018年04月05日

神棚マイスター

皆様にとってより良く、エネルギーがあう神様や神棚をお伝えいたします。

院長コメント

「本当はその神様じゃないのになぁ」と思うことはよくあります。そこで神棚改めを始めました。依頼者様に合う神様をお伝えし、その神様をお祀りすると、よく聞いていただけると思います。逆に依頼者様に合わない神様をお祀りしていても効き目がないことが多いです。人にも合う合わないがあるように、神様も同様です。また、人も時が過ぎること、また家族の成長とともに環境も変わりお願いすることも変わって来ます。いつも同じではないのです。また、本当に氏神神社、崇敬神社など間違いないのかもお調べいたします。ご自身に合う神様をお祀りすると、凄くエネルギー値が変わって来ます。この機会に見直してみてはいかがですか。

2018年04月01日

四月(卯月・うつき)

春祭り【はるまつり】
厳しい冬が終わり、さまざまな生命の芽吹く春には、多くの神社では春祭りが執り行われます。これは、その年の農耕の始まりを神様にお告げして、神様の御加護のもと、無事に実りの秋を迎える事ができるようにお願いする、大切なお祭りなのです。
また、春は日本人にとって一年の始まりでもありました。いまでも、多くの学校や職場などでは春4月が一年の始まりとなっています。春祭りは、私たちの人生の大きな節目でもある春を祝い、一年の無事を祈るお祭りでもあるのです。
また我が国では、一年の農耕を始めるにあたり、春のある日に山に登り、花を摘み山の神、田の神さまを迎えて祭る風習がありました。現在でもこの季節にお花見が盛大に行われるのは、この風習の名残です。
(参照:神道青年全国協議会/年中行事と神社)

2018年03月21日

春分の日

年に2回、昼と夜の時間が同じになる日を、春は春分の日、秋は秋分の日と呼んでいます。この日を中日に前後3日の間をお彼岸と呼びます。お彼岸は仏教の行事と思われがちですが、もともとは我が国の伝統的な祖先を敬い大切にする信仰に由来しており、お墓にお参りするなどして、御先祖をお祭りします。
(参照:神道全国青年会議/年中行事と神社より)

院長コメント

神道は神事ばかり、仏教や密教、その他の宗教などは仏様やご先祖様と思われがちですが、もちろん神道も当たり前にしっかりご先祖様を敬いお祭りいたします。

2018年03月01日

三月(弥生・やよい)桃の節句

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数ある。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていたとする記録がある。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられている。初めは儀式ではなく遊びであり、雛祭りが「ひなあそび」とも呼ばれるのはそのためである。一方、平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

院長コメント

古代中国では「上巳(じょうし)の節句」古代日本では「桃の節句」とも言います。桃は神仙思想や神道では、神聖な植物とされています。古事記の中にも出てきます。是非読んでみてください。
基本的には、厄除、祓いの儀式ですね。これもうれしく楽しく続けていけるようにできていますが、神道は祓いに始まり祓いに終わります。
神道でも人形を使います。例えば神社様では、夏至・冬至の季節に大祓の行事を行っています。これは人形に名前を書いて皆様の穢れを移し焼いて祓うものです。言わば身代わりですね。
陰陽師では人形は式神のように使ったりします。
人形と言いますが、言い換えればひとがたなので色々なものが宿りやすいのです。
お雛様も年に一度は出してお祀りしてくださいね。

2018年02月25日

冬期オリンピックで過去最高のメダル獲得 おめでとうございます!

今回は冬季オリンピックで揺れる日本の国旗、白地に赤丸の「日の丸」の由来について
日の丸の正式には「日章旗」というようです。
古代農耕民族だった日本人にとって太陽はとても大切は存在で信仰の対象でした。
皇祖神(天皇の祖先)である天照大神は太陽神だと言われています。
推古天皇(即位593〜628年)の時代に聖徳太子が、遣唐使の小野妹子を使い隋の皇帝「煬帝」へ国書「 日出る処の天子,書を,日没する処の天子に致す。恙なきや。」を送り、飛鳥時代(592〜710年)に国号を「日ノ本(日本)」と命名したことからも、太陽の日の出や日が昇ることを重視していたことがわかります。

院長コメント

全てのことには意味があります。天照大神は天皇のご先祖様、人類の祖神(おやがみ)様とも呼ばれています。世界では天皇のことを「ラストエンペラー」と呼ばれています。つまり、世界では天皇のことを人類のトップと認知しています。日本にいらっしゃるだけで、世界の天皇のだと思います。年間300日くらい日々世界平和だけを唱え、神道の行をされているそうです。とてもありがたく尊い存在です。我々日本人は天皇がいらっしゃるこの日本に生まれた意味を見つけ、役割を果たさないといけません。日本国の歴史を知り、受け止め、自身の現在地を知り、そのための自信と品格を持っていただきたいと思います。
世界の諸外国の方々は、自国の歴史をとてもよく理解し自身の立ち位置や自国の評価やその意味、意見などの主張ができます。残念なことに、日本人は外国人から質問されても答えれないと言われています。この機会に国の起源は古事記、日本書紀1.2.3を読みましょう。きっと答えが見つかるはず^^

2018年02月11日

建国記念日

実際の建国日が明確ではないため、建国神話(日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。2月11日は、日本神話の登場人物であり古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり[2]、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。1873年(明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節(きげんせつ)は、古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日をもって定めた祝日。」と定められ祭日

院長コメント

日本は世界で最古の国。神道(しんとう)の国
日本神話上は紀元前660年2月11日ギネスにも認定されているそうです。
日本は神道(しんと)の国なのです。天皇がいらっしゃいますので認める、認めないもありません。それが公に存在する現実ですので受け止めるということが大切だと思います。
我が国の天皇は、世界でラストエンペラーと言われています。世界では天皇という地位がないのでエンペラーとしか謳えないとおもいます。地位的にはローマ法王やエリザベス女王の上で、人類トップと言われています。
皆様はご存じだったでしょうか。
天皇を肯定するとか、否定するとか、よくわからないとか言われます。ですが世界ではでたった一人のエンペラーと言われ認められている以上、日本人や日本に在住の方は、歴史(過去)を知り、現在地を認識し、将来(未来)を考えることが肝要だと思います。残念ですが、諸外国の方々のほうが日本の歴史をご存知かもしれません。諸外国の方は、自国のことをよく知り、評価をしています。
日本人は諸外国の方から日本のことについて質問されても答えることが出来ないと言われています。
「どこから来たのか、今もまだ現在地がわからず行きたいところにたどり着けない」という感じです。
日本の精神・品格を忘れ潜在能力を出せていないと思います。
この機会に古事記や日本書紀を読んでみてください。確かに難しいのですが、最近ではアニメもでており読みやすくなっております。

2018年02月03日

二月(如月・きさらぎ)節分と豆まきは御神事

節分(せつぶん/せちぶん)は、立春の前日のこと。旧暦で立春は新年です。
節分とは「季節を分ける」ことも意味している。一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯(ひいらぎいわし)などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、邪気を払うための悪霊払い行事が執り行われる。

豆まき
邪気を追い払うために、古くから豆撒きの行事が執り行われている。宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。
豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。
(Wikipedia参照)

院長コメント

昔から日本人の生活と御神事の催事は密接な関係がありました。
現在でも人の奥深く潜んでいる邪気や魔が出たときに、考えられない事件などが起きたりします。
神道は、祓いに始まり祓いに終わるといわれております。
今は続けていけるように楽しくしてありますけど、人間の中に潜んでいる厄や魔(鬼)を祓う大切な神道の無くてはならない儀式事です。

明日から立春。暦では春ですが、毎日寒い日が続き雪が各地で降ってます。インフルエンザも大流行しています。インフルエンザは感染症なのですが、子供やお年寄りの方は基本的に大人の人より体力がないので、免疫力が低下し感染する可能性が高いですが、大人の方は体力もあり免疫力ありインフルエンザに発症することはないと考えます。基本的にその方が何かしらの問題を抱えていると思います。
インフルエンザウイルスには大なり小なり感染していると思いますが、体力も、免疫力が充実していれば発症はしません。逆に、忙しく睡眠不足が続いたりすると体力・免疫力が落ちている場合は発症する可能性が高いです。
毎年必ずインフルエンザを発症する方が、施術を受けると発症しなくなります。
確かに予防は大切ですし、毎年発症する方はもちろん予防されていると思いますが、発症する。そのほかに原因があるかもしれません。今一度ご自身の評価をしてみてください。

フィールカイロブティック ページトップへ