脳読、古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長紹介

電話脳透視鑑定

院長ごあいさつ

こんにちは。院長の 瓜生 朝久です。
フィールカイロブティックも今年で15年目になりました。
カイロプラクティックの専門院として始まり、カイロプラクティック国際基準を取得、その後治療家として数々のテクニックや様々な療法を習得。 カイロプラクティックは魔法の手だと思い一生懸命依頼者様にありったけの技術を提供してまいりました。



当然良くなる人がいる反面、それでも良くならない人も出ているのも現実にありました。 全て人間の理屈でわかるわけではないと思っている部分もあります。 だからと言って諦めることではなく、可能性を探求・追及していくことが大切だと思っております。
今まで依頼者様の身体を診てきましたが、よく考えると身体を正常に戻すのに身体を診ていてダメだと気づいた瞬間でした。「 脳だ。」脳が身体のコントロールをし、問題が出れば思考し指示を出す。 脳にダメージがありミスコントロールをしているなら正常に動いていない。 脳機能低下を見つけだし正常に戻すことが肝心だと思いました。 もちろん脳のストレス治療も身に付けました。脳を研究して行くうちに、見えない問題が脳機能低下していることにもわかりました。 「自分のことは自分が一番よく知っている」という言葉もあるように、全てご自身の脳がわかっているのです。スーパーコンピューターでありブラックボックスである “脳に聞く”「自己流脳読」を確立しました。それで様々な情報を拾い上げることが出来るようになりました。

現在、依頼者様を診る時に、原因を探すにあたり数々の引出を使います。 潜在能力を最大限引き出す脳を再起動しクリーンアップ施術を確立。 ご自身の感性を養うことのできる、どこにもない脳を診る施術、自己流脳読を確立。
また、古くから伝わる古神道を習得。 その古神道のスピリッツに基づき秘伝の技術を使い、人が本来持っている隠れた力までも絞り出せるように、楽しく栄える様に導いていくことが役割だと思い日々奮闘しております。

古神道は、隠れている 奇魂(くしみたま)、いわゆる不思議な力を引き出します。不思議な力は潜在意識と超越意識を使いよりよく、本来自身が持っている脳力を最大限引き出すことが出来ます。
理屈はたくさんあります。色々なところで、様々な治療、施術を受け結果が出ない事があると思います。そこに可能性があるならこの神道の国、日本。昔から伝わるものを行い、よくなれば何でもOKじゃないでしょうか。結果が出るものを集めて良くなればOK。「よくなれば何でもOK」不思議でも何でもよいです。魔法を使えるように全て解決できるとは思っていません。ですが、今まで結果が出なかったものが、一つでも二つでも結果が出だしています。皆さんがより良くなるなら使ってみて試さない手はないと思います。一緒の頑張ってみませんか。




霊障、原因不明の体調不良や様々なアレルギー・鬱やメンタル問題・自身の周りで起きている不自然なこと。 仕事 学校/幼稚園(人や場所の問題)土地 家 家相(方位) 時期 他人 家族 血族 地相 墓 霊道などの影響による、よくわからないが、不運続きや体調不良といった。 結果の出にくい問題に対して、専門施術を行い皆様のあらゆる問題に、より確かな結果でお応えしています。

 
私がもっている全ての力(技能と能力と情熱)を振り絞り考えられるあらゆる手段を使って皆様の笑顔のお役に立てればと日々努力しております。


依頼者様、おひとりおひとりと真剣に向き合って、常に今出来る私の最大限の集大成の施術をお届けいたします。どうかご自身と向き合う時間と、希望と覚悟をもってお越しください。

院長 瓜生朝久

認定・所属学会など

  • 言霊カウンセラー
  • 脳読 healer (霊体施術)脳を読み情報を引き出す。
  • 古神道天地産霊之会:代表 主宰
  • 大東流合気柔術 大東流玄修會門人
  • 古神道 言霊修道指導士
  • 古神道 音霊祓師
  • 古神道 数霊占術導師
  • 古神道 禁厭道術師
  • 神棚マイスター
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)認定オフィス
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)正会員
  • 国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)学士コース(CSC)修了
  • WHO 基準カイロプラクティック理学士ディプロマ
    (Bachelor of Chiropractic science(BCSc)Diploma)

院長の診察ブログ

2019年07月10日

ご縁むすひのワークショップ

https://amamusuhi.jimdofree.com/?fbclid=IwAR0NWdGrdTdQizxD2cLJMDuTkuSxsA6nBz31QFL8ImUbNJeoZWaRM7w1Hb4
アドレスバーにコピペで見てみてください。

https://form.run/@amamusuhi-0706

院長コメント

私の依頼者の方が、是非協力したいというところから第一回目が始まりました。まず最初は淡路島からです。どうぞご参加ください。

2019年07月05日

脳クリーニングセンス

実際、カイロプラクティックで良くならない例も確かにあります。
そこで視野を広げ様々な勉強会を受講。その中でストレスの治療法を勉強いたしました。
その勉強を進めて行くうちに、「病は気から」ではないですが、脳の勉強をしないといけないことがわかりました。そして顕在意識とは月に脳から反応を捉えることができました。意識とは別に反応するのです。それが良くわかるのがアレルギーです。
例えば、自分は好きなのに食べるとぶつぶつが出る。食べたいのに食べれない。これはまさに顕在意識と潜在意識(本能)の認識の違いですね。
独自の脳クリーニングセンス療法を確立。ストレスも同様アレルギーに対する施術も確立していきました。

2019年07月01日

カイロプラクティックとの出会い

昔から、皆様が私のことをカイロの先生とよく言われます。
・・・そう言えばカイロプラクティックばかりやっていた時代とかなり変わったな〜と感じるこのごろです。
私の考え方は昔から変わりません。
私が目指してきたものは「根治」なのです。それが医療であれば、医療をご紹介。それが運動であれば運動を進め、私じゃないのであれば他の専門的な先生をご紹介という流れで、「結果こそ全て」結果が出ればという思いでやって参りました。
カイロプラクティックの技術を習得する根拠となったのは、
私が21歳ごろの事ですが、あのバブリーなころです。
従妹が住宅設備会社を経営していてアルバイトで来て欲しいと言われ手伝いに行っていました。そのころ忙しくて大変で仕事終わるのが日時を変わってということもよくありました。体に無理がたたったのか、お休みの日に朝起きると、トイレ行こうと思って歩くと左足がつまずき何度も転んでしまって歩けないのです。よく見ると左足を引きづって歩いているのです。そこで、左足を触ると触った感覚が手にはあるのに、触られている感覚が左足にはありません。当然右足とは全く感覚が違うのです。
すぐに整形外科に行きました。当時の治療ですから今とは違うと思いますが、2日一度の太い注射。それと毎日低周波で筋肉を刺激しました。結果6か月通いましたが、一向に良くなりません。
実際、これで終わったなと思いました。 というか、将来の仕事の方向性も変えないといけないという不安もどんどん現実化していきました。
そこで知り合いの方が、よくわからないがいいと聞くから試しに行ってみたらと紹介していただきました。
自宅で開業されているのですが、確か「・・・酵母研究所」みたいな看板だったと記憶します。
今から30年以上前の話ですし、当然カイロプラクティックなどという知名度も全くない時代ですから。とても怪しいところでした。特に入ると全体的に薄暗いのです。今では誰も行きたくないような感じでした。ですが、いくつか検査をし、じゃ施術しますからと専用ベッドに横になりワンアジャスト。痛くもかゆくもありません。
立つと足が動いたのです。今から考えると設備も充実していて本場のカイロプラクティックと同様なぐらいクオリティーは高かったともいます。今でも十分通用する技術だったと思います。
一回で治ってしまいました。すごい。あの6か月は何だったのかと思いました。感銘を受けた瞬間でした。
当時は「ゴッドハンド」という言葉がなかったですが、まさにゴッドハンドだったと思います。
それから12.3年くらいたちその技術を教える学校があり習得しました。

2019年05月01日

五月(皐月・さつき)

こどもの日【こどものひ】
5月5日のこどもの日は、端午の節句ともいわれ、平安時代に中国から日本に伝わり、しだいに民間に広がってゆきました。我が国では5月は田植えを控えた時期であり、従事する早乙女たちが心身を清めるため家の中にこもり、田の神さまをお迎えする「さつき忌み」が行われており、我が国古来のさつき忌みと中国伝来の端午の節句がしだいに習合していったと考えられています。
端午の節句には菖蒲やヨモギを軒に吊るしたり、柏餅やちまきを食べたりしましたが、武家社会では、菖蒲(しょうぶ)が尚武(武士道を重んじること)と同音なので、雛祭りに対比して男の子の祭りと考えられるようになり、江戸時代以降男子のいる家庭では、鯉のぼりをたて、甲冑、刀、武者人形を飾って、子供の成長を祝う行事となっていきました。明治時代になると一般の家庭でも武家と同じようにお祝いされるようになりました。
また、この日に菖蒲湯に入るのは、菖蒲が昔から薬草であり、邪気を祓い火災を除く力があると信じられていたことによります。

田植え【たうえ】
春の最も大きな行事は、田植えでした。一年の稲作の始まりである田植えは家族総出、村総出で行われました。田植えの始まりには神事が行われましたが、それはまた民衆の芸能など娯楽の要素がふくまれたもので、ユーモラスに様式化された田植えの様子やお囃子などは、地方色豊かなものです。機械化が進んで田植えの風景が様変わりした今でも、各地で行われるお田植え祭には、昔ながらの田植えの様子が生き生きと残っています。

2019年04月01日

四月(卯月・うつき)

春祭り【はるまつり】
厳しい冬が終わり、さまざまな生命の芽吹く春には、多くの神社では春祭りが執り行われます。これは、その年の農耕の始まりを神様にお告げして、神様の御加護のもと、無事に実りの秋を迎える事ができるようにお願いする、大切なお祭りなのです。
また、春は日本人にとって一年の始まりでもありました。いまでも、多くの学校や職場などでは春4月が一年の始まりとなっています。春祭りは、私たちの人生の大きな節目でもある春を祝い、一年の無事を祈るお祭りでもあるのです。
また我が国では、一年の農耕を始めるにあたり、春のある日に山に登り、花を摘み山の神、田の神さまを迎えて祭る風習がありました。現在でもこの季節にお花見が盛大に行われるのは、この風習の名残です。

2019年03月01日

三月(弥生・やよい)

雛祭り【ひなまつり】
3月3日の桃の節句に女の子のいる家庭ではひな人形をかざり、雛祭りが行われます。もともと古くから3月上旬には禊によって罪や穢を祓う習慣があり、そのときに祓えの道具として用いられた人形(ひとがたー木や紙などを人の形に似せて細工したもの)がひな人形の起源といわれています。流し雛の行事などは人形に寄せた罪穢を川に流して祓ったことの名残りといわれています。

春分【しゅんぶん】
年に2回、昼と夜の時間が同じになる日を、春は春分の日、秋は秋分の日と呼んでいます。この日を中日に前後3日の間をお彼岸と呼びます。お彼岸は仏教の行事と思われがちですが、もともとは我が国の伝統的な祖先を敬い大切にする信仰に由来しており、お墓にお参りするなどして、御先祖をお祭りします。またこの日に宮中において春季皇霊祭がとりおこなわれます。

2019年02月02日

二月(如月・きさらぎ)

節分【せつぶん】
節分は立春の前日のことをいい、2月の3日か4日にあたります。節分とはもともと立春立夏立秋立冬の四季の分かれ目を意味しましたが、特に立春の前日だけを呼ぶようになりました。これは旧暦では立春前の節分が、年の始めの前日に当たることと、季節が冬から春に移る時期に当たることから特別な意味を持っていたからです。
この日には節分祭が行われ、豆まきが神社や各家庭でおこなわれますが、これは平安時代より宮中で、大晦日に邪気や災厄を祓う行事として行われていた追儺の儀式が起源とされています。
また、厄年などは立春から始まるとして、現在でも節分に厄除けの神事を行う地方も多く見受けられます。

2019年01月06日

一月(睦月・むつき)

門松【かどまつ】
お正月に各家の門前を飾る門松は、正月の神様をお迎えするための木(神籬ーひもろぎ)です。正月の神様は歳神、歳徳神ともいわれ、一家の守護神であり御先祖であるとも考えられています。門松をたてて神霊をお迎えし、正月を祝うことは、祖先と子孫が共に正月をお祝いすることでもあるのです。

初詣【はつもうで】
年が明けてから初めて神社に参拝することを初詣といいます。氏神さまや、恵方(その年の縁起通いとされる方角)にお祭りされている神社、崇敬する神社などにお参りし、新しい年の平安と無事をお祈りします。
古くは年籠りといって、大晦日の夜から朝にかけて氏神さまに篭る習わしがあり、これが初詣の起源と考えられています。

鏡開き【かがみびらき】
正月に神様にお供えした鏡もちを、おさげして食べるお祝いの儀式のことです。鏡もちは刃物で切らずに手や槌で割ったり砕いたりして食べるのがしきたりで、そのため切ると言わずに「開く」というお目出度い言葉を使っています。
鏡開きは正月のお祭りの直会でもあり、早いところでは4日、6日、7日におこない、11日、14日、15日に行うところもあります。

小正月【こしょうがつ】
正月7日には七草粥を食べますが、この日までを松の内といいます。それに対して14日、15日、20日を中心する時期にも正月行事が行われています。これを小正月といいます。旧暦では一年の最初満月である15日が正月のはじまりと考えられており、その名残からこの時期を小正月と呼ぶようになりました。
小正月にはさまざまな行事が各地で催されますが、各家庭の正月の注連飾りなどをお焚き上げする左義長(どんど焼き)もこの時におこなわれます。

院長コメント

睦月の語源:むつみあう 親類知人が互いに往来し、仲睦まじくする月からとする説

2019年04月11日

言霊カウンセリングを追加いたします。

20.000円(約30分〜60分)各個人差があります。

院長コメント

触らなくても言霊の力で良くなるケースが増えてきました。

2018年12月15日

大祓

12月31日の大晦日には一年の間に受けた罪穢を祓うために、大晦日(おおつごもり)大祓が宮中ならびに全国の神社で執り行われます。

院長コメント

一年の締めくくりで、新しい年を迎えるための大祓詞ですね。

フィールカイロブティック ページトップへ