脳読、古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長紹介

電話脳透視鑑定

院長ごあいさつ

こんにちは。院長の 瓜生 朝久です。
フィールカイロブティックも今年で15年目になりました。
カイロプラクティックの専門院として始まり、カイロプラクティック国際基準を取得、その後治療家として数々のテクニックや様々な療法を習得。 カイロプラクティックは魔法の手だと思い一生懸命依頼者様にありったけの技術を提供してまいりました。



当然良くなる人がいる反面、それでも良くならない人も出ているのも現実にありました。 全て人間の理屈でわかるわけではないと思っている部分もあります。 だからと言って諦めることではなく、可能性を探求・追及していくことが大切だと思っております。
今まで依頼者様の身体を診てきましたが、よく考えると身体を正常に戻すのに身体を診ていてダメだと気づいた瞬間でした。「 脳だ。」脳が身体のコントロールをし、問題が出れば思考し指示を出す。 脳にダメージがありミスコントロールをしているなら正常に動いていない。 脳機能低下を見つけだし正常に戻すことが肝心だと思いました。 もちろん脳のストレス治療も身に付けました。脳を研究して行くうちに、見えない問題が脳機能低下していることにもわかりました。 「自分のことは自分が一番よく知っている」という言葉もあるように、全てご自身の脳がわかっているのです。スーパーコンピューターでありブラックボックスである “脳に聞く”「自己流脳読」を確立しました。それで様々な情報を拾い上げることが出来るようになりました。

現在、依頼者様を診る時に、原因を探すにあたり数々の引出を使います。 潜在能力を最大限引き出す脳を再起動しクリーンアップ施術を確立。 ご自身の感性を養うことのできる、どこにもない脳を診る施術、自己流脳読を確立。
また、古くから伝わる古神道を習得。 その古神道のスピリッツに基づき秘伝の技術を使い、人が本来持っている隠れた力までも絞り出せるように、楽しく栄える様に導いていくことが役割だと思い日々奮闘しております。

古神道は、隠れている 奇魂(くしみたま)、いわゆる不思議な力を引き出します。不思議な力は潜在意識と超越意識を使いよりよく、本来自身が持っている脳力を最大限引き出すことが出来ます。
理屈はたくさんあります。色々なところで、様々な治療、施術を受け結果が出ない事があると思います。そこに可能性があるならこの神道の国、日本。昔から伝わるものを行い、よくなれば何でもOKじゃないでしょうか。結果が出るものを集めて良くなればOK。「よくなれば何でもOK」不思議でも何でもよいです。魔法を使えるように全て解決できるとは思っていません。ですが、今まで結果が出なかったものが、一つでも二つでも結果が出だしています。皆さんがより良くなるなら使ってみて試さない手はないと思います。一緒の頑張ってみませんか。




霊障、原因不明の体調不良や様々なアレルギー・鬱やメンタル問題・自身の周りで起きている不自然なこと。 仕事 学校/幼稚園(人や場所の問題)土地 家 家相(方位) 時期 他人 家族 血族 地相 墓 霊道などの影響による、よくわからないが、不運続きや体調不良といった。 結果の出にくい問題に対して、専門施術を行い皆様のあらゆる問題に、より確かな結果でお応えしています。

 
私がもっている全ての力(技能と能力と情熱)を振り絞り考えられるあらゆる手段を使って皆様の笑顔のお役に立てればと日々努力しております。


依頼者様、おひとりおひとりと真剣に向き合って、常に今出来る私の最大限の集大成の施術をお届けいたします。どうかご自身と向き合う時間と、希望と覚悟をもってお越しください。

院長 瓜生朝久

認定・所属学会など

  • 脳読 古神道 healer (霊体施術)
  • 古神道天地産霊之会:代表 主宰
  • 大東流合気柔術 大東流玄修會門人
  • 古神道 言霊修道指導士
  • 古神道 音霊祓師
  • 古神道 数霊占術導師
  • 古神道 禁厭道術師
  • 神棚マイスター
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)認定オフィス
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)正会員
  • 国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)学士コース(CSC)修了
  • WHO 基準カイロプラクティック理学士ディプロマ
    (Bachelor of Chiropractic science(BCSc)Diploma)

院長の診察ブログ

2016年10月22日

16歳 男性高校生 生気がない 

ご両親がご相談。確かお会いしましたが、彼ではなくその実父を視たいとお伝えいたしました。
実父に「心当たりはありますか。」とお聞きすると「・・・あります。」言われたので、息子さんではなく実父を視ることになりました。

院長コメント

状態を聞くと症状は、耳鳴り 喉のつかえ ぞわぞわする 朝起きれない
施術は5回  現在管理ケア6か月に1回 息子さんは実父4回目から変化あり現在は問題なしということで1回も視ませんでした。今回は家族の実父からの影響でした。
子供の問題はほとんどが親からの影響だと考えます。親の問題ということより子供に与える環境は親が作る。環境が悪いと反応としていろいろな信号が出るということです。子供問題の代表的な例でした。痛感いたしました。

2016年08月27日

47歳男性 経営者 会社の事 パニック障害 動悸 息苦しい 不安 やる気が起きない 自信がない 倦怠感

会社の問題 退職者が多い
自身の症状 パニック障害 動悸 息苦しい 不安 やる気が起きない 自信がない

院長コメント

会社の問題は 会社の土地の問題→移転を進める。あと時期と方角をアドバイス
自身は施術3回で改善。現在管理ケアで6か月に1回

2016年08月16日

42歳男性 経営者 お金に執着 直感が働かない 起床時頭に痺れ 疲れが取れない 左腰が重い

お金に執着というか知らない間にお金が溜まらず出ていく。
直感が働かない。昔は経営の舵を取る時に直感で「ピンときてこれだ!!」という感じだったが今はそういう感覚がない。
朝起きたときに頭が痺れる。疲れが取れない。

院長コメント

評価:構造10 全体機能1/10 脳機能4/10 潜在能力0/10
この患者様は、頭が痺れる。脳が働いていない証拠です。大問題ですね。ご自身の内的問題がありパホーマンスが落ちていました。経営的アドバイスは経営者として指導や旗を振らないこと。2人右腕、左腕をつくりその二人に事をやらし、自身は前に出ず裏で支持する状態を作る。   施術は3回 

2016年07月08日

51歳女性 咳込む 胸の痛み

状態は普通の咳ではなくえずくような咳です。それに伴う胸(気管支部分)の痛み。
病院に行ってお薬を頂いたが改善しない。

院長コメント

評価:構造10 機能7/10 脳機能9/10 潜在能力10とでました。
この患者様はほぼ正常に近いです。ではなぜなのか。
患者様の状態が正常(プラス)であれば体の問題ではない。つまり体内で起きている問題ではなく外的な問題と考えます。身の回りに起きている事なのです。しかしアレルギーを持っておられません。症状が出る場所は家が多い。今回で考えらることは、外的エネルギー土地 家 家相 家族です。
当然パワースポットという言葉があります。何らかの見えないパワーを感じると思います。
マイナスであれば嫌な感じがします。例えば人ですと初めてお会いした時に第一印象。つまり直感(線税能力)が働いプラスやマイナスを感じることがあります。自身が正常でプラスであればマイナスのエネルギーの方が側にいると自己防衛機能が働き反応します。それが咳だったのです。
ご主人を連れて来られて咳は治まりました。直感は本能が作用し自己防衛機能が作用したのです。す。
自分が正常であれば、外的要素である人 仕事 土地 家 家相 地相 墓 場所 物 家族など潜在能力が働き(直感)嫌な感じや違和感や気になってしょうがないなどに感じる場合なんらかの負があると思います。

2016年05月07日

39歳女性:リウマチと診断(右手の変形や可動域の減少と痛み)/不安/子供が出来ない/ご家族の問題

よくわからない不安が常にある。
右手に力が入らない。右手の進行性変形や可動域が減少し動作時の痛みが伴う。
流産。子供が欲しいが出来ない。
ご家族の方それぞれに不思議なくらい問題が次々と起こる。

院長コメント

まず患者様の評価をしお伝えしております。10段階で正常な状態を10といたします。
この患者様の場合、構造に問題はありません。全体の機能5/10、脳機能1/10、潜在能力(本能)0/10でした。数字でお伝えすることにより実感される方がほとんどです。皆様こんなはずではないと思われていると思います。
つまり脳機能は正しく動いていない(接触不良のような状態)でした。脳が正しく動いていないということは自身の体をコントロール出来ないということになるので体は思うようには動かないです。ですので体をチェックし痛んでいる所への治癒さすアプローチがしないということで治しません。
家族や対人関係の問題は、まず自身がプラスのエネルギーなのかマイナスのエネルギー(負のエネルギー)かを確認し、マイナスであればプラスの方との相性は合わない。逆にマイナスの方が寄ってきますので負のことしがおきないということになります。
この患者様の施術回数は4回です。今は管理ケアで半年に1回、やりたいことが増えたと言っていらっしゃいます。

2017年01月03日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2016年も施術を日々研究し様々な不思議なことが起こりました。患者様が感じていただけた年だったと思います。

院長コメント

2016年も日々更新し、日々集大成。患者様が少しでも良くなるように粉骨砕身してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年03月12日

口コミ

本日新しい患者様が来られました。「フィールカイロブティックをどのようにしてお知りになりましたか。ご紹介?それともHPから?」と質問すると、「実は電車に乗っていて隣でこちらのこと話しをされていた女子高校生がいてその話を小耳にはさんで調べて来た」と言っておられました。
内容はアトピーが良くなっただったと思います。

院長コメント

電車の中でフィールカイロブティックの話を小耳にしてってなんだか嬉しいですね。
何よりの口コミでのご紹介だと思って感謝しております。
その患者様は「HPに書いていましたけど、なんでも相談していいんですよね!」いいですよ。全て悩み事をお話し下さい。内容については全てわたしのわかることはお答えしました。「やっぱり来て良かった」と言っておられました。
よく「悩みをどこに話してよいかわからない。」って言っておられる患者様がおられます。
フィールカイロブティックでお聞きいたします。どうぞお待ちしております。

2016年02月23日

IPS細胞が生まれた秘話に共感

山中教授が40歳のころ研究のテーマをコロコロ変えていた。山中教授は、研究のテーマの一貫性ということに疑問を持っていたみたいだ。そのころ1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した日本の生物学者利根川 進教授とお会いする機会があり、利根川教授に質問をした。「研究のテーマの一貫性についてどう思われますか。」
利根川教授は「一貫性にとらわれず面白いことをやれ」と言われた。彼はその言葉に救われ感銘を受けて、その4年後IPS細胞が生まれた。

院長コメント

私も今までカイロプラクティックを勉強し患者様に施術してきました。カイロプラクティックは、私が21歳のころ、今から30年近く前の話ですが、左足が麻痺をし整形外科に6か月通っていました。一向に左足は動きません。その姿を見かねた知人が、「何かよくわからないけど、良くなるって聞いたから騙されたと思って1回行ってみたら」とご紹介をされ、藁をもつかむ思いで早速行きました。すると1回で足が動きました。そのときその先生を神様のように見えました。それくらいそもそも凄い技術です。そのころカイロプラクティックなんて聞いたこともない言葉でした。
患者様はカイロプラクティックを受けたいわけではなく、症状や状態の改善が目的です。色々な悩みを持ってご来院され相談されます。治療法も興味があると思いますが、良くならなければ意味がなく信用もされません。カイロプラクティックで良くなるものも多いですが、良くならないものもあります。つまり万能ではないのです。術者はそのことに悩みもっともっと勉強すれば対応ができると思いマニアックなセミナーを受けて習得しようとするのです。私もその一人でした。

私はある時、良くなるんだったら大きく角度を変えなんでも取り入れて試してみようと色々な角度から患者様を診てみようと思い、私が今まで生きて来て見たもの感じたもの、体験したもの、経験をしてきたもの、考えられる全て、多種多様、様々な方法を試しました。
それで結果がで始まました。結果が出れば施術法なんてなんでも良いと思いました。「一貫性にとらわれず面白い事をやれ」その言葉を聞いたときに、私の頭の中で鐘がなったように!まさにその通りだと思い共感しました。先日、フェイシングのオリンピック銀メダリストの太田雄貴の話でも「角度を変える、主観を入れない」と言っておられましたが、同じことだと思います。
最近患者様は「不思議、面白い、楽しい」と言いながら来院されていますした。これからもどんどん更新し患者様のために1つでもためになる面白い不思議なものを見つけて行きたいと思います。

2016年02月23日

44歳女性 自分の意思ではなく、手が震える

座っていただいてカウンセリングしているときに、右腕が左右10センチくらいの幅で震えるというか、振動を始めました。「これですか」と聞くと、「そうです」と言っておられました。
次に施術ベットに横になっていただくと、両手が大きく動くのですが、右手と左手に同調性がなくバラバラで大きく動くのです。ストレッチをされているのかと思い、「腕がだるいんですかとか、肩がつらいですか。」とお聞きすると、「初めての事なんですが、勝手に動いているんです。」と言われるのです。そこでピンと来たので気を付けてみていました。そうすると自分の両手で首を絞め始め「苦しい」というのです。慌てて振りはらおうとしましたが、私の手ではがせる力ではありませんでした。

院長コメント

彼女の支配で身体が動いていなかった証拠だと思います。
彼女は、自分の子供に矛先が向き、あたっていしまうと心配されていました。
現在社会で起きている問題もこのような問題が大きくなったとき起きているのではないでしょうか。
どうしても人に対してこうしないと気が済まないとか、自分では考えられないことをしてします。というようなことだと思います。
身近な事例だと摂食障害、食べたくないのに食べないと気が済まない。食べてしまうと吐き出さないと気が済まないというような状態です。

脳を診ていく事このようなことで悩んでおられる方。是非相談してみてください。

2016年02月17日

気になったニュース(報道ステーションのスポーツニュース)

松岡修三さんがあのフェイシングのオリンピック銀メダリストの太田雄貴さんにインタビュー
引退をされ東京オリンピックの招致に全力を注がれていた。
今は練習の時間を裂き子供たちや若手の育成に力を注ぐ。
当然彼の地位なら当たり前のことだ。彼は若手に教えているときにどんどん自分にもまだまだやれることがあると気づきもう一度選手に返り咲いたのだ。そしてこの間の世界選手権で金メダルを手に入れた。

院長コメント

彼が言っていた「見る角度をかえた。主観を入れない」この言葉に私は共感を得ました。
潜在能力を出すにあたって必須だからです。そして彼は今一番リオオリンピックの金メダルに一番近い男として紹介されました。すばらしですね。

フィールカイロブティック ページトップへ