古神道、霊障、電話脳透視鑑定、原因不明の問題全般,アレルギー全般,鬱,引きこもり,不登校,アスペルガー、メンタル障害、ストレス障害、摂食障害、脳過緊張、自身の周りの不自然なこと脳クリーニングセンス フィールカイロブティック

院長紹介

電話脳透視鑑定

院長ごあいさつ

こんにちは。院長の 瓜生 朝久です。
フィールカイロブティックも今年で15年目になりました。
カイロプラクティックの専門院として始まり、カイロプラクティック国際基準を取得、その後治療家として数々のテクニックや様々な療法を習得。 カイロプラクティックは魔法の手だと思い一生懸命依頼者様にありったけの技術を提供してまいりました。



当然良くなる人がいる反面、それでも良くならない人も出ているのも現実にありました。 全て人間の理屈でわかるわけではないと思っている部分もあります。 だからと言って諦めることではなく、可能性を探求・追及していくことが大切だと思っております。
今まで依頼者様の身体を診てきましたが、よく考えると身体を正常に戻すのに身体を診ていてダメだと気づいた瞬間でした。「 脳だ。」脳が身体のコントロールをし、問題が出れば思考し指示を出す。 脳にダメージがありミスコントロールをしているなら正常に動いていない。 脳機能低下を見つけだし正常に戻すことが肝心だと思いました。 もちろん脳のストレス治療も身に付けました。脳を研究して行くうちに、見えない問題が脳機能低下していることにもわかりました。 「自分のことは自分が一番よく知っている」という言葉もあるように、全てご自身の脳がわかっているのです。スーパーコンピューターでありブラックボックスである “脳に聞けばよい”それで様々な情報を拾い上げることが出来るようになりました。

現在、依頼者様を診る時に、原因を探すにあたり持っている数々の引出を使います。 潜在能力を最大限引き出す脳を再起動しクリーンアップ施術を確立。 ご自身の感性を養うことのできる、どこにもない脳を診る施術を確立。
また、古くから伝わる古神道を習得。 その古神道のスピリッツに基づき秘伝の技術を使い、人が本来持っている隠れた力までも絞り出せるように、楽しく栄える様に導いていくことが役割だと思い日々奮闘しております。

古神道は、隠れている 奇魂(くしみたま)、いわゆる不思議な力を引き出します。不思議な力は潜在意識と超越意識を使いよりよく、本来自身が持っている脳力を最大限引き出すことが出来ます。
「よくなれば何でもOK」不思議でも何でもよいです。是非体感していただけたら良いと思います。




霊障、原因不明の体調不良や様々なアレルギー・鬱やメンタル問題・自身の周りで起きている不自然なこと。 仕事 学校/幼稚園(人や場所の問題)土地 家 家相(方位) 時期 他人 家族 血族 地相 墓 霊道などの影響による、よくわからないが、不運続きや体調不良といった。 結果の出にくい問題に対して、専門施術を行い皆様のあらゆる問題に、より確かな結果でお応えしています。

 
私がもっている全ての力(技能と能力と情熱)を振り絞り考えられるあらゆる手段を使って皆様の笑顔のお役に立てればと日々努力しております。


依頼者様、おひとりおひとりと真剣に向き合って、常に今出来る私の最大限の集大成の施術をお届けいたします。どうかご自身と向き合う時間と、希望と覚悟をもってお越しください。

院長 瓜生朝久

認定・所属学会など

  • 古神道 healer (霊体施術)
  • 古神道天地産霊之会:代表 主宰
  • 大東流合気柔術 大東流玄修會門人
  • 古神道 言霊修道指導士
  • 古神道 音霊祓師
  • 古神道 数霊占術導師
  • 古神道 禁厭道術師
  • 神棚マイスター
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)認定オフィス
  • WHO加盟WFC(世界カイロプラクティック連合)日本代表団体
    JAC(日本カイロプラクターズ協会)正会員
  • 国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)学士コース(CSC)修了
  • WHO 基準カイロプラクティック理学士ディプロマ
    (Bachelor of Chiropractic science(BCSc)Diploma)

院長の診察ブログ

2017年01月03日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2016年も施術を日々研究し様々な不思議なことが起こりました。患者様が感じていただけた年だったと思います。

院長コメント

2016年も日々更新し、日々集大成。患者様が少しでも良くなるように粉骨砕身してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年03月12日

口コミ

本日新しい患者様が来られました。「フィールカイロブティックをどのようにしてお知りになりましたか。ご紹介?それともHPから?」と質問すると、「実は電車に乗っていて隣でこちらのこと話しをされていた女子高校生がいてその話を小耳にはさんで調べて来た」と言っておられました。
内容はアトピーが良くなっただったと思います。

院長コメント

電車の中でフィールカイロブティックの話を小耳にしてってなんだか嬉しいですね。
何よりの口コミでのご紹介だと思って感謝しております。
その患者様は「HPに書いていましたけど、なんでも相談していいんですよね!」いいですよ。全て悩み事をお話し下さい。内容については全てわたしのわかることはお答えしました。「やっぱり来て良かった」と言っておられました。
よく「悩みをどこに話してよいかわからない。」って言っておられる患者様がおられます。
フィールカイロブティックでお聞きいたします。どうぞお待ちしております。

2016年02月23日

IPS細胞が生まれた秘話に共感

山中教授が40歳のころ研究のテーマをコロコロ変えていた。山中教授は、研究のテーマの一貫性ということに疑問を持っていたみたいだ。そのころ1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した日本の生物学者利根川 進教授とお会いする機会があり、利根川教授に質問をした。「研究のテーマの一貫性についてどう思われますか。」
利根川教授は「一貫性にとらわれず面白いことをやれ」と言われた。彼はその言葉に救われ感銘を受けて、その4年後IPS細胞が生まれた。

院長コメント

私も今までカイロプラクティックを勉強し患者様に施術してきました。カイロプラクティックは、私が21歳のころ、今から30年近く前の話ですが、左足が麻痺をし整形外科に6か月通っていました。一向に左足は動きません。その姿を見かねた知人が、「何かよくわからないけど、良くなるって聞いたから騙されたと思って1回行ってみたら」とご紹介をされ、藁をもつかむ思いで早速行きました。すると1回で足が動きました。そのときその先生を神様のように見えました。それくらいそもそも凄い技術です。そのころカイロプラクティックなんて聞いたこともない言葉でした。
患者様はカイロプラクティックを受けたいわけではなく、症状や状態の改善が目的です。色々な悩みを持ってご来院され相談されます。治療法も興味があると思いますが、良くならなければ意味がなく信用もされません。カイロプラクティックで良くなるものも多いですが、良くならないものもあります。つまり万能ではないのです。術者はそのことに悩みもっともっと勉強すれば対応ができると思いマニアックなセミナーを受けて習得しようとするのです。私もその一人でした。

私はある時、良くなるんだったら大きく角度を変えなんでも取り入れて試してみようと色々な角度から患者様を診てみようと思い、私が今まで生きて来て見たもの感じたもの、体験したもの、経験をしてきたもの、考えられる全て、多種多様、様々な方法を試しました。
それで結果がで始まました。結果が出れば施術法なんてなんでも良いと思いました。「一貫性にとらわれず面白い事をやれ」その言葉を聞いたときに、私の頭の中で鐘がなったように!まさにその通りだと思い共感しました。先日、フェイシングのオリンピック銀メダリストの太田雄貴の話でも「角度を変える、主観を入れない」と言っておられましたが、同じことだと思います。
最近患者様は「不思議、面白い、楽しい」と言いながら来院されていますした。これからもどんどん更新し患者様のために1つでもためになる面白い不思議なものを見つけて行きたいと思います。

2016年02月23日

44歳女性 自分の意思ではなく、手が震える

座っていただいてカウンセリングしているときに、右腕が左右10センチくらいの幅で震えるというか、振動を始めました。「これですか」と聞くと、「そうです」と言っておられました。
次に施術ベットに横になっていただくと、両手が大きく動くのですが、右手と左手に同調性がなくバラバラで大きく動くのです。ストレッチをされているのかと思い、腕がだるいんですかとか、肩がつらいですかとお聞きすると、初めての事なんですが、勝手に動いているんですと言われるのです。そこでピンと来たので気を付けてみていました。そうすると自分の両手で首を絞め始め「苦しい」というのです。慌てて話そうとしましたが、私の手ではがせる力ではありませんでした。

院長コメント

自分の支配で身体が動いていなかった証拠だと思います。
その患者様は、子供にあたるって心配されていました。
現在社会で起きている問題もこのような問題が大きくなったとき起きているのではないでしょうか。
どうしても人に対してこうしないと気が済まないとか、自分では考えられないことをしてします。というようなことだと思います。
身近な事例だと摂食障害、食べたくないのに食べないと気が済まない。食べてしまうと吐き出さないと気が済まないというような状態です。

脳を診ていく事このようなことで悩んでおられる方。是非相談してみてください。

2016年02月17日

気になったニュース(報道ステーションのスポーツニュース)

松岡修三さんがあのフェイシングのオリンピック銀メダリストの太田雄貴さんにインタビュー
引退をされ東京オリンピックの招致に全力を注がれていた。
今は練習の時間を裂き子供たちや若手の育成に力を注ぐ。
当然彼の地位なら当たり前のことだ。彼は若手に教えているときにどんどん自分にもまだまだやれることがあると気づきもう一度選手に返り咲いたのだ。そしてこの間の世界選手権で金メダルを手に入れた。

院長コメント

彼が言っていた「見る角度をかえた。主観を入れない」この言葉に私は共感を得ました。
潜在能力を出すにあたって必須だからです。そして彼は今一番リオオリンピックの金メダルに一番近い男として紹介されました。すばらしですね。

2016年01月29日

トラウマ 情緒不安定 自己否定

その内容を思い出すと体に様々な反応が出ます。それに連鎖して情緒不安定になり、あの時こうしていたらよかったなど自己否定をし自分を責めるようにしておられました。日常生活のふとした隙間に起こりいても立っても居られない状態だということです。

院長コメント

トラウマ 情緒不安定 自己否定は全てトラウマによる連鎖反応で起きています。
患者様にとってかなりショックが大きかったことによるものです。
分析するとその内容は記憶の種類が大切で、その内容は思い出すと頭の中で動画なのか静止画像なのかです。PCや携帯でもそうなんですが、動画を記憶するのと静止画を記憶るするのとではメモリの容量に影響が出ます。動画のほうが断然容量が必要で容量が一杯になると動作が遅くなります。その状態と同じで脳の容量にどれだけ影響しているかです。

この患者様は全4回でと考えており、2回目でトラウマでの体への反応が消えました。と同時に情緒不安定と自己否定も消えました。

動画なのか静止画なので参考にして頂ければよいと思います。

2016年01月19日

咳 27歳男性 

空咳が止まらない。のどに違和感。

院長コメント

歌をされているので咳や喉の違和感は困ります。大切なのはまず熱が出ているかどうかです。熱はご存じだと思いますが、ウイルスや菌などの外から体への侵入者に対して反応し戦う時に発熱するものです。発熱がなければそれ以外の問題となります。今回の場合は患者様にとって悪いものを吐き出そうとする正常な行動により咳をします。それを取り除かない限り良くなりません。
咳ぜん息といわれ何か月かかかることが多いようですがフィールでは全4回でと考えます。

2016年01月18日

脳機能のしくみ 顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)

当然のことながら脳機能は身体を常に良い状態に保ち自分の顕在意識のいうことを聞くようにできています。例えば、顕在意識により体に指示をだし目的地に行きたいと思えば足を使って移動します。無意識(潜在意識)に体が動きます。例えば、睡眠時は意識が基本的にはありません。その時息をし心臓も動きというように意識とは別に体を良い状態で保ち守ります。今自動にコントロールしています。起きているときも、呼吸をし瞬きなどはオートメーションに行われています。この指示を出しているのが無意識(潜在意識)です。
つまり体をほとんど支配しているのは潜在意識です。潜在意識と顕在意識の力配分は9:1と言われています。
例えば、意識によって息をとめても3分もすればその指示を解除し命を守ります。
簡単言えばこういうことです。

院長コメント

つまり、体の症状の改善を図る時に潜在意識(無意識)の領域を診ないと良くならないということになります。
例えばアレルギー。昔食べれていたのに最近貝を食べると痒くなる。これば無意識で症状が出ます。
全てをお伝えできなののでおいおいお伝えしたいと思っております。

2016年01月17日

脳クリーニング療法  脳機能について

今までの臨床経験の中で裏付けておりますが、昔から言われてきている有名な言葉があります。「自分の事は自分が一番良く知っている。」です。
まさにその通りだと思います。

院長コメント

ご自身の脳が全てを知っています。ご自身の脳から情報を引き出せばよいのです。
脳機能の着目をしていくにあたり、脳からの反応を捉える事が出来るようになりました。検査すると脳が何が自分にとって+なのか−なのかを自身の意思や理屈では関係なく捉えています。
例えば、仕事にストレスだと感じておらる方を検査すると、仕事にストレスとは出なかったりします。それば患者様がそれしかないと思い込んでいるだけで、検査ではほかの問題と出ることが多いのです。
人間が思い込みをしヒューマンエラーを引き起こします。
私欲、邪念を捨て無心により検査にあたると+/−が捉える事が出来ます。
簡単に言えば患者様の−だけ取り除き+だけ残せば状態は良くなります。それに尽きるのです。
是非 体感してみてください。

追伸:4月1日より料金改正になりますので、ご興味のある方はそれまでに騙されたと思って現在の料金でお試しいただければと存じます。


2016年01月06日

あけましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良い年になりますように全力でサポートして参ります。
今年は、患者様の症例紹介もなのですが、脳の機能がどれだけ素晴らしくすごいものなのかをご紹介してまいりたいと思います。
フィールのコンセプトは、患者様やご紹介により全国から来られている方の為にも考えられるあらゆる手を使って回数を少なくより早く良くなるよう「一人でも多くの方に笑顔を」です。

院長コメント

どうぞよろしくお願いいたします。

フィールカイロブティック ページトップへ